#7  何のお肉を食べればいい?

2013/7/27

トレーニング指導をする中で選手から、
「タンパク質を摂るのに、お肉は何の肉がいいですか?」
と、質問を受けることがあります。

では、代表的な肉の特徴を、3つほどあげてみます。



① 牛肉は、鉄分や亜鉛が豊富で、貧血の予防などに有効です。
(ただし脂質やカロリーが高いので、一般の方の摂りすぎには注意)

② 豚肉は、ビタミンB1が多く含まれており、疲労回復に向いています。(別名、疲労回復ビタミン)

③ 鶏肉は、低脂肪、高タンパク質でヘルシーです。手羽先やもも肉には、筋肉の生成にも関わるコラーゲンが多く含まれています。
(肌のハリなども)

ということは、それぞれの特徴を理解して、目的に合わせて食べるのもいいですね。

例えば、

① 長い距離を走ったなどで、貧血の予防には、牛丼、牛レバー定食。
② とにかく体が疲れている時は、豚の生姜焼き定食、豚丼。
③ 太り気味で、絞りつつ筋肉を付けたいなら、焼き鳥、バンバンジーサラダなど。

私は出張の時や、トレーニングの後などに、牛丼屋さんを利用させてもらうことがあります。最近は牛丼だけでなく、豚丼や、鶏つくね丼などメニューが豊富ですね。こうした理由を考えて、食べるメニューを選ぶのも面白いです。



でも実は私、ラーメンが好きなんですよね・・・。
すみませんでした(汗)

トレーナーズベース埼玉  丹野 道雄